国浪とんコツ日記。

真面目に不真面目な医師国試浪人生、ひゃくとんによるコツコツ便り。         第110回不合格、第111回合格。

【第二回】国試浪人生・言われて辛かった言葉ランキング!

f:id:hyakuton100t:20160818174108p:plain

アスファルトに咲く花のように。

 

オフ会からはや数日。

皆さんが本当に本当に優しすぎて。

大切なことを忘れておりました。

 

わい、国試浪人生やん。

 

現役生が大学生活を謳歌しているのは当然のこと。

その優しさに乗っかり、なぜカースト最下層も青春しようとしているのか。

 

私のテキストたちが皆口々にこう言っています。

「久々に開いて」

と。

 

心の亀甲縛りをするためにも。

負けて兜の尾でチョークスリーパーしていきますよ!

鼓舞鼓舞!!

 

第一回はこちら。

 

hyakuton100t.hatenablog.com

正直。

前回王者を上回る馬事罵倒が出てくるとは思わなかったのですが、

流石、日本語。

今回も辛らつなワードを沢山いただきましたよー!!

 

やはり。

前国家試験からしばらく経ち現実と向き合ってきたからか。

私が浪人中も未だにのほほんと過ごしているからなのか。

 

前回よりも。

リアルに傷ついたものが並んでる気がします(笑)

 

しかし。

この状況を作ってしまったのは。

紛れもなく私自身。

相も変わらずランキング方式ですが、

すべての言葉を真摯に受け止めて邁進していければと思います!

 

それでは。

いざぁ!

 

 【次点】

 

勉強してなかったらただのニートだからね。

 

これは親から言われた一言。

幸運なことに。

不合格になっても私を見捨てることなく、

金銭面での支援を全力でしてくれる両親。

感謝の一言に尽き、本当に頭が上がらないですね。

早く受かって安心させてあげたいものです。

大学受験浪人の時も言われていたので次点へ。

 

それでは恒例。

バンバカいきますよ!

らんきん、きゅー!

 

 

【第5位】

 

参考書とか予備校とかに詳しい人間に限って、

勉強量少ないよな

 

こちらは、友人と夏の勉強計画について話し合っていた時に言われた言葉。

これ、私もすごく思います!

思い起こせば。

大学受験浪人のときも、講師や参考書にめちゃくちゃ詳しい人よりも、

予備校のテキストを予備校のペースに合わせて愚直に解いている人のほうが総じて成績良かったですもん。

そんなことを改めて思い出させてくれた友人に感謝です。

 

【第4位】

 

母校の恥

 

出身大学と卒業証明書のやりとりをしていたときの1コマ。

特に前回は。

大学的に、どうしても合格率を目標の大台へ乗せたかったようで、

教授会でも「あと1人なんとかならんかったのか」

と落胆の声が多くあがったようです。

「学生の努力を合格率という数字だけで評価するな」

といって下さる方もいらっしゃいますが。

「合格率でしか医学教育の成果を評価されていない」

というのも現実。

分子に入れなかったことで、お世話になった先生方に最後までご迷惑をかけてしまっていること、申し訳ない限りです。

 

 

 

次からはいよいよトップスリー!

 

 

【第3位】

 

何言ったって落ちてるんだから説得力ないよ

 

第5位の派生物。

どれだけ勉強法を調べようと。

どれだけ去年の成績と比べようと。

「合格」の経験がない人間に、語る山梔子。

私が勉強会参加に億劫になってしまったのもこの発言がきっかけかもしれぬ。。。

せめて。

超人気有名反面教師として、羽ばたきたいものです。

ツバサは既に折れていますがね← 

 

 

【第2位】

 

国試浪人は医者になってからも使えない

 

こちらはお医者さんからのお言葉。

もちろん、全員が全員そう思っているわけではないのですが。

「同世代の中で同じように努力できなかった下位10%」

というレッテルは、永遠に付きまとうようです。

自分が無知であるということを忘れず、医師になっても決して驕ることなく。

真摯に向き合って、十字架を引き摺りたいと思います。

(ちなみに、某都内有名三次救急指定病院の某科センター長は国浪経験者ですし、希望を持ちたいですな。。)

 

さて。

栄えある第二回優勝ワードは、こちら!

 

 

【第1位】

 

もう同期じゃないでしょ

 

これ。

すごいハートに来ました(笑)

私が努力しなかったことで。

築きあげてきた関係性が崩れてしまったこと。

「一緒に医療しよう」と言ってくれた友人を裏切ってしまったこと。

ごめんなさい。

 

前回と違い、今回は順位付けにすんごく悩んだのですが。

研修医として未来に生きている人から、

同じ環境で足踏みしているひゃくとんへの。

現実と向き合わせてくれるまっすぐなエールと解釈し、

チャンピオンベルトを贈呈いたします。

おめでとう、私。

 

 

読み返して気付いたのですが。

今回。

内容きつすぎないですか??

 

真夏のジメジメがそのままデータ化したような辛さ。

今回惜しくもランク外になったものも。

私自身の生活態度についてのご指摘が多かったですね。

  

しかし、実は。

前回の記事から今回まで。

読者さんからのお言葉を一言も頂いてないんですよね。

 

読者は聖人しかいないのか(´;ω;`)ウゥゥ

 

しかし。

ひゃくとんもまだまだめげておりません。 

「お気楽に国浪生やって、努力している現役生を侮辱しているのでは?」

「焦り始めるひゃくとん煽ったるわw」

という言葉。

まだまだ大募集です、すべて受け入れます!(再絶望)

 

お盆が過ぎたら、一気に台風の季節ですね。

オリンピックも終わりに近づき、

パラリンピックとともに秋の香りがしてきています。

 

お勉強も嫌でも本腰を入れなくてはいけない時期。

こんなメンタルのひゃくとんですが。

オータムからも、よろしくです!

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ