読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国浪とんコツ日記。

真面目に不真面目な医師国試浪人生、ひゃくとんによるコツコツ便り。         第110回不合格、第111回合格。

多趣味。

f:id:hyakuton100t:20160505233946j:plain

王道にゼロワンが好きです。

 

連休も後半に差し掛かり。
各々の5月を過ごしていることかと思います。
皆さん、お元気ですかー!

久々の大型連休。
なかなか出来なかった趣味に昂じている方々も多いのではないでしょうか。
しゅしゅー。

そういえば昔。
(主にインドア方面で)多趣味な私に、
「ひゃくとんって矢口○里みたいだよね」
と言ってきた友人がいます。
(´;ω;`)

まぁ実際、そこまで深い趣味はないので何も言い返せなかったのですが。。。

日本人って。
深くやってないと趣味と認めないって風潮ありますよね。
以前、大学内でダーツが流行った時期がありまして、ダーツが上手な友人の友人(マイダーツ持ってるレベル)と一緒に遊びに行った際も、枠外を連発して満足げなひゃくとんに
「あぁ、そういう感じかー」
とか野次られたことありますし(笑)

いいじゃないですか!
投げたものが刺さる感触が好きだったんですよ!←

そんなわけで。
初対面の相手との会話で必ず出るトークテーマ、
「ご趣味は?」
に対して何か答えると、その道にめちゃくちゃ心酔しているような期待の目で見られること多いです。
なんでなのでしょうね?

そうすると必然的に
「いやぁ、人に言えるような趣味は。。。」
って人かなり増えちゃいますよね。
ううむ。

思うに。
その人が楽しければ、それは立派な趣味なのではないでしょうか。

毎日の自転車通勤が楽しいならば、趣味はサイクリングですし、
帰りに雑誌を立ち読みするのだって趣味は読書です。
ゆっくりお風呂に入るだっていいじゃないですか。
ベッドに寝転がってスマホを見つめてるのだって幸せじゃないですか。

お金を掛けたり、時間を掛けたりしなくても。
毎日の生活の中で無意識に楽しいと思えること。

それはもう、趣味だと思うのです。
人に言える趣味を探している時点で、それはアクセサリーなんです。

「無趣味」なんていう人も、すでにあるんですよ、趣味。

そんな私の、最近の趣味は。
「趣味探索」

色んなもののサワリだけ触って、色んな世界に出会ってみる。

 

器用貧乏と揶揄されることも多いですが。
これ、めたんこ楽しいですよ。
このブログだってそうです。

前略プロフィール(死語)や魔法のiらんど(死語)くらいでしか文章を書いたことなかったひゃくとんですが。

とっても楽しく続けられてます。
目指せ、維持期!

幸いにも。
こんな私めのブログを読んでくれている人が、1人でもいるってこと。
本当にありがたい事です。

友人にもブロガーやっていることを伝えておらず、真っ白な状態でのスタートとなった「国浪とんコツ日記」。
毎日クリックして下さっている方もいて、その度に励まされております。

「ブロガーは基本的には自己顕示欲が強くて、対外的に他者と関わりたい寂しがり屋だ!」
なんて思っていた時期もありますし、実際そうだと思うのですが。
それでも、読んでくださっている人がいるってこと、とっても嬉しいです。

感謝感謝!

話題が逸れて、媚を売っているみたいになってすごく嫌なのですが(笑)
せっかくの連休ですし、心地よい記事を書きたくなった次第です。

今後共、よしなにー!

 

クリックもよしなにー!←


にほんブログ村